【小説】運命が交差する伊坂幸太郎のラッシュライフ|感想、レビュー

伊坂幸太郎氏のラッシュライフを読ませていただいた。

今回も1日たらずで読み終えてしまうほどに面白い作品で、食事を取ることも思わず忘れてしまいました。

ネタバレは書くと読んでいない人がかわいそうと言うことと、手にとって読んで欲しいという思いから書かないでおきます。優しさ溢れる僕。

では、感想をお伝えいたします。

伊坂幸太郎とは

千葉県松戸市出身。千葉県立小金高等学校、東北大学法学部に入学。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、後に小説家として著名になる人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働く[1]かたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。その後作家専業となる。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、直木賞候補になった2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞した。
2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で直木賞候補となる。また本屋大賞において唯一第1回から第4回まですべてにノミネートされ、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で同賞を受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞した。なお同作で直木賞の選考対象となることを「執筆に専念する」ことを理由に辞退しているる」ことを理由に辞退している

参照:ウィキペディア

こういう方々から人気

老若男女が読むことのできるポップな文章から、予想もしていなかった展開へと発展をさせてくれる伊坂幸太郎氏の小説たち。

2017年現在で、娯楽という娯楽の数は増え続けていて、とどまることのない勢い!

「楽しみたい」そんな欲求を叶えるのに、「本」という選択肢を選ぶ人は少ないかもしれないですが、伊坂幸太郎氏の作品は紛れもなく、どのエンターテイメント(と比較していいものかも憚かる)と比べても劣ることなく勝るばかりだと思います。

言うのであれば、ハロウィンにチャンネーとクラブで腰くねらせて踊りまくることよりも楽しいです。

(踊ったことないですが…)

ラッシュライフの背表紙概要

 

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。参照:ラッシュライフ 背表紙

感想(ネタバレはしません)

序盤から始まる展開に息を飲みながら読み進めます。

ハッ!として、ふむふむ。へえ〜。おお。

運命と運命が交差をして4つの人生が絡み合っていきます。

いつもながらに複雑な構成がページを左から右へめくるのではなく、右から左へもめくってしまい、前に何が起きたのかを思わず探してしまう。

不思議なもので探しても探しても見つからないこともあり、正確には時間をかければ見つかると思うのですが、それよりもせっかちな性格で、先が気になりすぎてせっかちな僕は先へ進んでしまいます。

未来と過去が交差をしたことを認識すると脳がスパークします。

どこかで味わっったはずの感覚が喉元まで出てきては溜飲を下げるように収まっていって、海辺で波を待つようにその感覚が次から次へと押し寄せて、気持ちの良い当たりで物語は終わりました。

人生は儚い

人生は儚いですね。線香花火が落ちるかのように、命が、ぷつっとなくなっていきます。

当たり前のことですね。

だから、命は儚いと口に出せば出すほど当たり前とは安っぽく価値を失う気もします。

当たり前のことだ。と口にするのであれば、口に出さなくても良い気もします。

それと同じで人生が儚いと僕が感じ得たということは、おそらく人生が儚いとは思っていないという表れでもあるのかと。

この見えないトンネルの道、もしくは迷路、現世に生まれ落ちて、大きな工場で働かされる僕たちは、ベルトコンベアーに流されて、それはお金がある限りしがらみから離れることはごく一部の人たちだけなんでしょうねえ。

この工場の仕事から振り落とされるのは死を意味するのかもしれません。

必死にくらいつこうが待っているのは虚無な気もしますが、気もするだけで実際にどうなのかは体感してみないと分からないので、ああ生きよう。

そんなことを感じました。

お金に変わる大切なものはあるか

そう感じさせられた。お金はものじゃない、だけども思春期の青年が目の前のカーテンの向こうに美女の裸体がある如く影を見つめてしまうがごとく、意識せざるおえない世の中なんですよね、きっと。

そこには何もないかもしれない。

カーテンの模様なのかもしれない。だけども意識をしてしまう。

見るものかと意気揚々と別の場所を見たところで、そこには何かがあるのではないかと頭のどこかでは意識が持って行かれているのと同じ。

お金なんかに振り回されたくない。でも逆に振り回されたくないと思えば思うほどにそこに何かがあることを意識してしまう。だとするのであれば、振り回されていることをいっその事認めてしまえばいいのではないか。

その結論に至らざるおえない。

こんな人におすすめしたい

 

本当はオススメなんかではなく、自分で手に取った本がいいのかもしれません。

伊坂幸太郎氏のファン(仮)

ファンとはどう定義すればいいのかわからないのですが、僕がファンだと言えば、ファンだし、ファンでないと言えばファンでない!

でも周りからそんなレベルでファンとは言わないと指摘されてしまうのを恐れて、ファンではないと思わず口にしてしまう人も多いと勝手に思っています。

だから(仮)。ファン(仮)と言えば、心が軽くなる気がします。

少しでも好きだと思ってしまい、ああ、私はファン(仮)だと思った人にはぜひ見て欲しいです。

泥棒ネタが好きな人

毎度伊坂幸太郎氏の作品に出てくるあの泥棒キャラが今回も炸裂してくれるので是非。

手にとって読んでみる、本当の出会いは嬉しい。

 

今回はラッシュライフの内容を明かさずに書いてみました。こんな人に読んで欲しいと勧めることは想像以上に難しいものだとも思いました。伊坂幸太郎氏の作品はコンプリートする人も多いので、まだ読まれていない方は是非読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です